埼玉県川口市のおすすめの解体工事業者と費用相場 | 解体工事.com(解体.com)

解体工事.com(解体.com)

家・ビル解体なら解体工事ドットコム

お問い合わせはこちら

埼玉県川口市のおすすめの解体工事業者と費用相場

無料で一括見積もりをする

「埼玉県川口市で解体工事したいけどどの業者がいいのだろう?」
「おすすめの業者はないのかな?」
とお悩みではないでしょうか。

解体工事は業者の情報が少なく、業者選びをするのが難しいのが現実です。
しかし、金額が高額なため簡単に選ぶこともできません。

そこでこの記事では、埼玉県川口市のおすすめの解体工事業社を紹介しています。
埼玉県建物解体協会の協会業者であるので安心して利用が可能です。

また、当サイトでは安心してお任せできる解体業者への一括見積りが可能です。
複数の業者を比較して安心・安全に解体工事ができるようお役立てください。

埼玉県川口市のおすすめ解体工事業者3選

埼玉県川口市のおすすめの解体工事業者を紹介していきます。
埼玉県川口市のおすすめの解体工事業者は以下の会社です。

    • 株式会社内山商事
    • 川口解体工業株式会社
    • 有限会社ダイコク総業

詳細を紹介していきます。

株式会社内山商事

得意業務 建物解体(木造、鉄筋)
ビル解体
店舗解体
所在地 〒332-0002川口市弥平3-7-17
設立 1969年1月7日
資本金 2,000万円
資格 建設業許可 国土交通大臣(特-28)第26410号
URL https://ucym.jp/

株式会社内山商事の口コミ・評判

株式会社内山商事の口コミ・評判はありません。

川口解体工業株式会社

得意業務 建物解体(木造、鉄筋)
ビル解体
店舗解体
所在地 〒334-0075川口市江戸袋1-8-5
設立 昭和62年2月
資本金 1,000万円
資格
URL http://www.kawakai.com

川口解体工業株式会社の口コミ・評判

川口解体工業株式会社の口コミ・評判はありません。

有限会社ダイコク総業

得意業務 建物解体(木造、鉄筋)
ビル解体
店舗解体
所在地 〒334-0001埼玉県川口市桜町1-6-6
設立
資本金 500万円
資格 埼玉県知事 般-21 第59515号
URL http://www.tatemono-kaitai.com

有限会社ダイコク総業の口コミ・評判

有限会社ダイコク総業の口コミ・評判はありません。

埼玉県川口市の解体工事業者一覧

川口市の解体工事業者一覧です。建物解体協会の会員以外も含まれた業者一覧です。

会社名 住所 公式サイト 資本金
株式会社ディライト 〒334-0003埼玉県川口市坂下町3-17-13-202 https://delight-arch.co.jp/ 200万円
修工 〒333-0821埼玉県川口市東内野13-10
(有)ダイコク総業 〒334-0001埼玉県川口市桜町1-6-6 500万円
白水建設株式会社 〒332-0031埼玉県川口市青木2丁目3番30号RX川口青木406号 http://www.hakusuikensetsu.co.jp/ 1,000万円
王子内装工業株式会社 〒332-0004埼玉県川口市領家5丁目8番17号 http://ojinaiso.com 1,000万円
株式会社 オズ興業 〒333-0864埼玉県川口市柳根町20-9 100万円
サトウエコワークス合同会社 〒334-0013埼玉県川口市南鳩ヶ谷1-21-15 https://sato-eco.business.site 200万円
KS総業株式会社 〒334-0063埼玉県川口市東本郷747番池 http://kssougyo.com/ 300万円
EVISUリフォーム 〒333-0821埼玉県川口市東内野585-16 500万円
株式会社久保田建設 〒333-0844埼玉県川口市上青木1-14-35-106 https://kubota-kensetsu.bsj.jp/
株式会社大志興業 〒333-0842埼玉県川口市前川2-6-14 https://www.taishi-gr.co.jp 1,000万円
株式会社琉 〒333-0844埼玉県川口市上青木6-17-5 https://kaitai8ryu.wixsite.com/-site 500万円
みらい開発株式会社 〒333-0849埼玉県川口市本前川2-34-44 http://www.mri-kaihatsu.com/ 500万円
合同会社 未来興業 〒333-0823埼玉県川口市石神1661-12-A棟204号 500万円
株式会社木村興業 〒333-0823埼玉県川口市石神191-2 ICIプラザ壱番館103 300万円
株式会社OMAR 〒334-0075埼玉県川口市江戸袋1丁目5番21号 https://omar-12.jimdosite.com/ 500万円
株式会社原田興業 〒332-0021埼玉県川口市西川口2-19-4 https://www.harada-business.work/ 500万円
宮坂興業 〒333-0831埼玉県川口市木曽呂305-1 https://kaitainokotonara.wixsite.com
株式会社肥田工業 〒333-0862埼玉県川口市北園町11番1-414号 https://hidako-gyo.crayonsite.com/ 100万円
ITO 埼玉県川口市 https://www.k-ito.info/
株式会社MECK 〒332-0035埼玉県川口市西青木3-5-11-301 http://meck.jp/ 600万円
株式会社ROSE 〒333-0861埼玉県川口市柳崎4-28-8 500万円
株式会社督正建設 〒333-0845埼玉県川口市上青木西4-26-13 http://www.tokumasa-kensetsu.com/ 100万円
株式会社 ROJAVA 〒3330832埼玉県川口市神戸 500万円
(株)邉田工業 〒332-0004埼玉県川口市領家 500万円
西山興業合同会社 〒333-0823埼玉県川口市石神340-23 200万円

失敗しない解体工事業者の選び方のポイント

解体工事業者はいろいろあるけど、結局どの業者にしたら良いかわからないという方も多いと思います。

解体工事は中小から大手まで多数あり、情報が少ないことから業者を比較をすることが難しいため、簡単に業者を選ぶことができません。

そうした方に向けて、失敗しない解体工事業者の選び方を紹介していきます。

解体工事業者選びのポイントは大きく以下の3つです。

  1. 相見積もりをして料金と担当者を比較すること
  2. 契約書・マニュフェストは発行してもらえるか
  3. 保険の加入はしているか

それぞれご紹介していきます。

1.相見積もりをして料金と担当者を比較すること

解体工事業者選びで最も重要なことは、複数の解体工事業者に見積もりを依頼して比較することです。

なぜならば、複数の解体工事業者を比較することで、料金の妥当性の判断や、業者の信頼性を自分で見極めることができるからです。

解体工事はインターネット上に情報が少なく、費用相場がわかりにくいため、妥当な金額がどのくらいか判断するのが難しいサービスです。

解体工事費用は高額なので、一社しか見積もりを取らない場合、相場よりも高い金額を請求されてしまう可能性があるのです。

そこで、複数の解体工事業者に見積もりを依頼することで、自分の条件の場合の費用相場が把握でき、かつ一番安い業者を探すことができるため、相見積もりが必須なのです。

 

また、一方で単純に金額が安いだけで業者を選んでしまうことも危険です。

解体工事業者の中には、解体して出た産業廃棄物を不法投棄するような業者もいます。

こうした業者に依頼した場合、依頼主であるあなたも罰せられてしまいます。

複数の業者に見積もりを依頼した上で、担当者の対応を見極めて、業者を決定することが大切です。

 

解体工事.comでは、一度の見積もり依頼で複数の解体工事業者への見積もり依頼が可能です。

当社が選んだ信頼できる業者からの見積もりが取得できるので、手軽に安心して解体工事業者を探すことが可能です。

無料で一括見積もりをする

2.契約書・マニュフェストは発行してもらえるか

解体工事業者選びのポイントの2つめは、契約書・マニュフェストをしっかり発行してもらえるかです。

契約書はトラブルの際に各自の身を守るための重要な書類です。

解体工事は高額なため、契約書を必ず発行してもらえる業者に依頼をしてください。

契約書がない場合になにかトラブルがあった場合、泣き寝入りをしなければならなくなってしまいます。

また、解体工事終了後にマニュフェストの発行がしてもらえるかも必ず確認をしましょう。

マニュフェストとは、解体工事で発生した産業廃棄物の運搬から処理までの過程を記録するもので、これにより業者がきちんと産業廃棄物を処理したかがわかります。

最終処分業者の処分終了日の押印があれば、その業者はきちんと廃棄物を処分しているという照明にもなるので、契約前にマニュフェストをしっかりと発行してくれる業者かを確認しましょう。

3.保険の加入はしているか

解体工事業者選びの3つめのポイントは、解体工事業者が保険に加入しているかです。

解体工事中に何かしらのトラブルがあった場合に保険加入している業者であれば、その補償ができるため、安心です。

中には保険加入していない業者や期限切れの業者もいるので、念の為確認しておくのが良いでしょう。

埼玉県川口市の解体工事の費用相場

埼玉県川口市の解体工事の費用相場は以下の通りです。

坪単価目安 費用
木造 34,000円
鉄骨 37,000円
RC 64,000円

※掲載の工事費用は目安の金額です。市場の状況により変動しますので目安とお考えください。

埼玉県の市区町村の解体工事業者と費用相場

さいたま市|川越市|熊谷市|川口市|行田市|秩父市|所沢市|飯能市|加須市|本庄市|東松山市|春日部市|狭山市|羽生市|鴻巣市|深谷市|上尾市|草加市|越谷市|蕨市|戸田市|入間市|朝霞市|志木市|和光市|新座市|桶川市|久喜市|北本市|八潮市|富士見市|三郷市|蓮田市|坂戸市|幸手市|鶴ヶ島市|日高市|吉川市|ふじみ野市|白岡市

埼玉県の解体工事におけるアスベスト補助金

2022年4月よりアスベストの事前調査が義務化されました。

これによりアスベストの調査料金が発生するため、従来よりも解体工事における費用負担が大きくなります。

しかし、各自治体によりアスベストの調査・解体に係る補助金が用意されている場合があります。

ここでは、埼玉県のアスベスト関連の補助金について紹介します。

12市を除く埼玉県内すべての区域

さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、所沢市、春日部市、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、新座市及び久喜市を除く埼玉県内すべての区域では、「埼玉県民間建築物アスベスト対策事業」による補助が使用できます。

調査に関わる補助金

対象建築物

民間建築物が対象となります。

ただし、アスベスト除去等については、延べ面積が1,000平方メートル未満の建築物の場合、定期報告(建築基準法第12条第1項)の対象となる建築物(共同住宅、寄宿舎を除く)に限ります。

対象となる吹付け材
(1)吹付けアスベスト
(2)吹付けロックウール
(3)吹付けパーライト
(4)吹付けバーミキュライト
※吹付け塗料は対象となりません。
対象となる含有調査
作業環境測定法第33条に規定する作業機関(JISA1481の仕様に適合する機器を備える機関)が行うJISA1481に規定する調査方法等で調査する含有調査
※定性分析でアスベストが検出されない場合は、任意で行う定量分析の費用は補助対象外になりますのでご注意ください。
補助額
1棟当たりの補助額:含有調査に要する調査費(限度額:1検体当たり8万円かつ1棟当たり25万円)

除去に係る補助金

対象建築物

民間建築物が対象となります。

ただし、アスベスト除去等については、延べ面積が1,000平方メートル未満の建築物の場合、定期報告(建築基準法第12条第1項)の対象となる建築物(共同住宅、寄宿舎を除く)に限ります。

対象となる吹付け材
アスベストの含有(重量比0.1%超)が確認された次の吹付け建材が対象となります。
(1)吹付けアスベスト
(2)吹付けロックウール
※吹付け塗料は対象となりません。
対象となる除去等の工事
(財)日本建築センターが審査証明した技術を有する者又は一定条件の工事実績を有する者が(財)日本建築センターが審査証明した工法若しくは(財)日本建築センター編集・発行の「既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説2018」に掲げるそれぞれの工法で施工する除去等の工事
補助額
1棟あたりの補助額:除去等の工事に要する工事費の3分の2(限度額:600万円(延べ面積が1,000平方メートル未満の建築物は300万円))
※補助金の交付を受けるには事業の開始前(契約前)に事前の申請と交付決定(内容の承認)が必要となります。
※契約後の補助金の申請は受け付けられません。
※補助金は予算範囲内に限りますので年度の途中でも締め切ることがあります。
※その他、補助事業に関する要綱等の内容に適合する必要があります。
※補助対象物件など、詳細についてはお問合せください。

さいたま市のアスベスト補助金

さいたま市は、上記の埼玉県の補助金とは別の「民間建築物吹付けアスベスト除去等事業補助金」を実施しています。

概要は以下の通りです。

対象建築物
本市の区域内に存する建築物(国、地方公共団体その他公共団体若しくはこれらに準じる者が所有する建築物を除きます。)
補助対象者

補助対象建築物の所有者又は建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号)第3条に規定する区分所有者の団体の代表者(国、地方公共団体若しくはこれらに準じる方又は大規模な事業者の方は除きます。)

(補足)大規模な事業者とは、資本金の額又は出資の総額が、3億円を超える会社並びに常時使用する従業員の数が、300人を超える会社及び個人とします。

対象事業
アスベストが含有されているおそれのある吹付け材について行う定性分析及び定量分析で、建築物石綿含有建材調査者講習登録規程(平成30年厚生労働省・国土交通省・環境省告示第1号)第2条第2項に規定する建築物石綿含有建材調査者、第2条第3項に規定する特定建築物石綿含有建材調査者又は第2条第4項に規定する一戸建て等石綿含有建材調査者による調査に基づき実施するもの
補助額(補助対象建築物1棟につき)
補助対象経費以内の額(25万円を限度とします。)
(消費税等仕入控除税額が明らかな場合は当該消費税等仕入控除税額を減額した額)
分析方法
JIS A 1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」を標準とします。ただし、厚生労働省等の公的機関が公表した方法でアスベストの有無及び含有率を測定できる場合は、これによることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました