RCビル解体 | 解体工事.com(解体.com)

解体工事.com(解体.com)

家・ビル解体なら解体工事ドットコム

お問い合わせはこちら

RCビル解体

RCビル解体の際の注意点

(大型施設・工場・病院・学校・倉庫等の解体)

RCビル解体の見積りで確認するべきポイント

1.設備・什器等の買取を致します

解体工事.comでは、大型施設を解体する際に出る有価物(金属・配線・什器等)の買取りの手配をすることが可能ですので、解体工事の見積りと合わせてご用命ください。

2.最適な工事方法を選びます

RCやSRCの高層ビルや大型ビルを解体する場合には、解体工事を実施する際の敷地の状況、建物の強度・近隣の状況等により、各社、どの工法で解体工事を実施することが、コスト、解体期間の短縮が出来るかということを考えます。

3.安全に、細心の注意を払います

施工方法とともに、安全管理が重要です。大型の工事になるほど、一たび事故が起きれば、近隣への被害が大きくなります。また、作業員の数も多くなるため、現場の作業員の安全確保や、健康管理も重要になります。

建築中に起きた事故がニュースとして取り上げられ、せっかく建てたビルにテナントが入居せず、売却せざるを得なくなったという例もあります。

ビル解体の工法について

解体を実施する建築会社や、解体工事会社により、解体工法を検討しますが、次の3つの工法で解体することが多いようです。

  1. 一部、手作業による解体

鉄骨梁・柱などの解体は、ガス溶断器を使用した手作業による解体工事が主流です。

 2.重機屋上設置によるフロア解体

中小型重機を移動式クレーンなどで屋上に吊り上げ、屋上から順に解体する。解体材は、

ビル内部に空けた穴から下に投下するか、移動式クレーンなどで吊り降ろす。建物周囲に重機設置スペースがない場合や、大型重機が届かない高さの建物を解体する場合に、この工法が用いられる。重機は、解体したコンクリートガラなどでスロープを作り、自走で下階に移動する。床強度が不足する場合は、補強が必要となる。

 3.大型重機による地上からの解体

大型重機を地上に設置し、地上から圧砕作業を行う解体工法です。重機を設置するために、建物の補強を行った上で、重機を設置することもあります。

RCビル解体の解体工事を依頼する前に、注意すること

図面・現場調査を念入りに行う

図面をもとに、基礎の状況、地下、杭の引き抜きの有無を確認します。

アスベストの調査

吹付けのアスベストや、アスベストを含むスレート建材等の有無により、防護・仕切り・養生・処分等の適切な方法を検討します。

家屋調査を行う

RCビルの解体工事を行う際には、家屋調査を行うことが多いです。というのは、RCビルの解体の際は、木造解体の場合よりも、振動や騒音が大きくなります。

そのため、近隣の家屋の壁にひび割れが生じたり、タイルが剥がれたりすることがあります。それらの破損が、解体前から生じていたものか、解体工事のせいで生じたものかを確認するために、写真を取り、事前に調査します。

騒音対策

通行人に対する安全対策

等、十分に注意しながら、解体工事をする必要があります。

タイトルとURLをコピーしました