お見積もり・お問い合わせはこちらから

家屋解体・ビル解体の費用見積り

解体工事.com(解体.com)
TOP なぜ最安値? 本当に安心できるの? 解体工事の流れ 運営会社について お見積りはこちら
なぜ最安値? 本当に安心できるの? 運営会社について お見積りはこちら
お見積り・お問い合わせは 0120-584-368
TOP

遺品整理の際は、以下の点にご注意下さい。

 相続税申告の観点からの注意点

遺言書について

 

  遺言書が残されていないかどうかご確認下さい。   

 

  遺言書が残されていた場合、勝手に封を開けてはいけません。

 

  

  家庭裁判所で検認(内容を確認してもらうための手続き)が必要です。

 

  封を勝手に開けることで、遺産分割の際、トラブルとなります。

 

通帳・印鑑・証券

 

 故人の印鑑(実印・銀行印)や、通帳・年金手帳・不動産の権利証

 

 などの重要書類は、ご兄弟で確認の上で、留守宅に残さないように

 

 保管しましょう。

 

家賃等の滞納がある場合

 

 家賃などの滞納がある場合には、事前に税理士や、司法書士に確認

 

  の上でお支払されることをお勧めします。

 

  相続手続きが完了する前に支払ってしまうと、

 

  単純承認(故人の権利・義務を全て相続すること)とみなされ、   

 

  相続放棄が出来なくなる恐れがあります。

 

保険証書について

  

 生命保険は、受取人からの申請がないと支払われないようになっています。

 

 保険に加入しているにも関わらず、申請を忘れて、受け取られていない生命保険が、

 

 かなりの額になるようです。  

 

処分の仕方についての注意点

お仏壇・神棚について

 

 お仏壇や神棚の処分の仕方は、それぞれの宗派によって異なります。

 

 そのため、購入したお店や、それぞれの宗派にご供養の方法をご確認下さい。

 

注射器や針について

  

  故人がご病気で、注射器を使っていたということがあります。

 

  注射器や針は、医療廃棄物としてみなされ、通常の家庭ごみとしては処分が出来ません。

 

  不正な廃棄をすると、「排出者責任」が問われることとなります。

 

備品について

  賃貸住宅等の場合には、エアコンや照明器具等が、大家さんのものであることがありますので、

 

  事前に大家さんに確認をとりましょう。

売却・建替えをご検討の方へ 分離発注でお得!! 悲惨!!悪徳業者に頼んだら・・・ ビル・マンション解体工事 2. よくある質問 パートナー募集
サンプルバナー
よく頂く質問 小山のブログ
お見積り・お問い合わせは 0120-584-368
見積もり依頼・相談・資料請求
本当に安心できるの? 運営会社について お見積りはこちら なぜ最安値?