火災で解体工事の費用を安く済ませる方法 | 家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家屋解体・ビル解体の費用見積もり

お問い合わせはこちら

火災で解体工事の費用を安く済ませる方法

火災現場の解体費用は通常よりも高くなってしまうようですが、それはなぜなのでしょうか?火事で建物が燃えてしまっている分、通常よりも安いはずだと思ってしまいますが、実は高額になるにはちゃんと理由がありました。では、少しでも解体工事の費用を安くする方法はないのでしょうか?

火災の解体工事が高くなるのはなぜ?

通常の家屋の解体工事よりも火災現場の解体工事の方が実は高額になってしまいます。それには下記のような理由がありました。

◎ゴミの処分費と分別の費用

通常の家屋の解体工事で出る材木は燃えていないのでリサイクルに回したりする事も出来ます。しかし火事の際の材木はすでに炭になっています。実はこの炭になった材木というのが処分をする際に費用を高くしてしまうのです。まず通常の廃棄物とは別の処分方法が必要になることと、炭になってしまった材木と、燃え切らなかった材木を分別したり、処分する際に刺さっている釘を抜いたり、また大きさも市町村によっては決まりがあり小さく裁断する必要があります。この手間が解体工事の工事費を高くしてしまっているのです。

火災での解体工事を安くするには?

では、少しでもこの解体工事を安くする方法はないのでしょうか?

それにはこのような方法があります。

◎火災保険を使う

燃えてしまった家の解体工事を行う際には加入していた火災保険から解体工事の費用が出る場合があります。

◎り災証明の発行で処分費用の免除や減額

火事にあってしまった際には消防署へ申請すると、り災証明といって火事にあいましたという証明を貰えます。そのり災証明があると住んでいる自治体での火事で出た廃棄物の処理費を免除または減額する事ができます。市町村によっては細かく規定があるので、必ずお住まいの市町村へ確認してください。

◎自分で処分する

火災で出てしまった廃棄物を出来る限りで自分で処分してしまう方法です。

り災証明に関しては問題ないのですが、火災保険は後になっては入れませんし、自分で処分しようにも車や人が必要になります。誰でもができる訳ではありません。そうするとやはり業者に頼んだ上で安く済ませる方法を探す必要があります。

そんな時は下記のサイトが便利です。

解体.comでは、『早い』『安い』『安心して』という頼む側には嬉しい事項をモットーをしていて、複数の業者から見積もりをとれることと、業者とのやりとりを代行してくれるという点も大きなメリットです。しかも見積り、相談、資料請求は無料です。

解体工事.com(http://解体工事.com/

やはり解体工事などはそうそう頻繁にすることではないので、相場がよく分かりませんよね。解体.comでは解体のプロが業者間とのやりとりを行ってくれるので、足元を見られる事もありません。複数の業者の見積りが揃った所で、アドバイスや、業者さんへの価格交渉も対応してくれます。

タイトルとURLをコピーしました