借地の解体の際に気をつけないといけないポイント | 家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家屋解体・ビル解体の費用見積もり

お問い合わせはこちら

借地の解体の際に気をつけないといけないポイント

解体前に、借地権の確認をしましょう

自分名義の土地に自分名義の家を建てて住んでいる場合には何も問題ないのですが、

建物は自分名義だけれど、土地は第三者から借りている場合には借地権という権利に

基づいた法律によって様々な取り決めがあります。

今回は解体するにあたり借地権はどうしたらよいのかをご紹介します。

借地権とは何?

簡単にいうとAさん(地主)名義の土地を借りて、その土地にBさん(借主)名義の

建物を建てる際の土地を借りる権利の事をいいます。

この借地権に関わる法律は平成4年に改正され、それ以前のものを旧借地法、

平成4年改正後のものを新借地法などと呼んだりします。

この借地法は土地と建物の所有者が違うので、例えば建物の名義を変更したり建物を

の売却や増改築したりなどの場合には手数料が発生する場合があることや、地主さん

の承諾が必要になります。

建物について何かを行う場合は必ず地主さんとの話をする必要があります。

これは借地権の返還についても必ず必要になります。

借地権を返還して土地を返す際に必要なことは?

借りていた土地ですから自分の好きな時期に好きなようにすることは出来ません。

地主さんにまず連絡する必要があります。

では、借地権を返還するにあたりどんな事をする必要があるのでしょうか?

1. 地主さんへの報告、交渉

2. 解体業者選び

3. 土地の返還

では、地主さんとの交渉って何をしたらいいのでしょうか?

例えば、解体した後にはどういう状況(更地など)で返すのかなどや、お金の話しなど

しなければいけません。

基本的には借主から返還する場合には更地にして返しますが、地主さん側の理由により

立ち退きの場合は、そのままでもいいようです。

そういった細かい事柄を交渉して決めなければいけません。

借地権を返還交渉のアドバイスをします

上記のような交渉をしなければいけないけれど自分で出来るかどうか不安だったり、

法律に詳しくないのでどうしようと思っている方も多いと思います。

解体工事.comでは、弁護士等の専門家とともに、借地権の返還の交渉のアドバイス

や解体工事の業者探しをお手伝いします。

*家の解体をする前に地主さんと交渉のアドバイスをします。

*複数の解体業者から見積りをとって、工事の契約や値段交渉も代わりにします。

自分では分かりにくいことも専門のスタッフが代わりに行ってくれるので

地主さんと個人対個人でこじれてしまう心配もありませんから、安心です。

ずっと借りていた土地ですから、返すその時まで感謝を忘れずに気持ちよく返したい

ですよね。

タイトルとURLをコピーしました