ガソリンスタンドの解体工事 | 家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家・ビル・工場の解体なら解体工事.com(解体.com)

家屋解体・ビル解体の費用見積もり

お問い合わせはこちら

ガソリンスタンド解体

ガソリンスタンド解体(給油施設・ガソリンスタンドの解体及び売却)

ガソリンスタンドを解体する際には、石油業組合の補助金が出る場合がありますので、

事前にご確認下さい。

ガソリンスタンド解体の際の注意点

1.危険物の取扱い

ガソリンスタンドは、消防法に基づいて、火器や危険物の取扱を行っております。

一つ、謝れば、ガス爆発等の大事故につながりますので、十分に施工方法を確認

した上で、解体工事を進めます。

2.土壌汚染調査について

⑴ 土壌汚染調査は、実施しないといけないのか?

ガソリンスタンドの跡地を売却する際、必ず土壌汚染の調査をしないといけない

わけではありません。ただ、各都道府県の条例や、買主の意向によっては、土壌

汚染の調査をしないといけない場合もあります。土壌汚染の調査は、義務ではあ

りませんが、油臭・油膜等の嫌悪感を緩和し、土地売買をスムーズに進めるため

に、都市部だけではなく、地方においても、土壌汚染調査を行うことが一般的に

なっているようです。

 ⑵ 土壌汚染調査の内容は?

ガソリンスタンドの土壌汚染調査をする場合に、何も考えずに見積りを依頼しても、

内容がバラバラな見積りが届くだけで、結局、どこに依頼をすれば良いのか分から

ない。という結果になります。

ガソリンスタンドや給油施設跡地で行われる土壌汚染調査は、そのほとんどが自主的

な土壌汚染調査です。

汚染内容(ベンゼン・鉛・油分)の調査については、役所や、関係者間で協議した上で、

土壌汚染調査を行うことになります。

土壌汚染の調査については、土地売買の際の条件(すべての特定有害物質に対し、土壌

汚染の可能性を払しょくする場合)等、対象地の状況や、使われていた油種などによっ

て、調査の仕方が変わります。

補助金の確認

.地下埋設物等撤去工事に係る補助金

工事は、石油協会で申請内容を審査し、許可(交付決定通知)がおりてからで

なければ、工事を開始することができません。

万一、許可前に工事を開始した場合は、補助金が交付されませんので、十分にご

注意ください。

タイトルとURLをコピーしました