お見積もり・お問い合わせはこちらから

家屋解体・ビル解体の費用見積り

解体工事.com(解体.com)
TOP なぜ最安値? 本当に安心できるの? 解体工事の流れ 運営会社について お見積りはこちら
なぜ最安値? 本当に安心できるの? 運営会社について お見積りはこちら
お見積り・お問い合わせは 0120-584-368
TOP

道路収用で解体する場合

 

都市計画などで道の幅を広くしたりする際にその部分の土地を持っている方へ国や地方自治体から土地を明け渡す代わりに対価補償金が支払われます。

今まで住んでいた家屋を取り壊して更地にした状態で受け渡す事が多く、解体工事が必要となります。

道路の収用の場合、立退き時期が、バラバラですので、一般的には、解体工事は、補償金をもらって、家の所有者が行うことが多いです。

 

道路収用とは何?

 

道路収用は土地収用と呼ばれていて、国や地方自治体等の都市計画などの一環で個人の土地を強制的に得る事をいいます。

東京都や、各地の自治体が主体となる場合や、道路公団が主体となる場合があります。

 

 

 

道路の収用の計画が決定した場合には、土地の所有者には立ち退きの対価として対価補償金という名目の支払いがあります。

 

収用される家の所有者は、無償で、強制的に立ち退きさせられるの?

 

いえいえそんな事はありませんので、安心してください。

国や地方自治体により強制的に土地を渡さなければいけないのは事実ですが、土地の所有者にもきちんと補償もあります。

まず立ち退くにあたり対価補償金が支払われます。

この対価補償金は新しい住居のための費用に加えて、引越し費用や登記に関わる費用まで支払いの対象になっています。

 

しかも、原則として2年以内に代わりの家を購入などが出来た場合には、特例として税金の特別控除を受けることもできます。

どうしても2年以内に取得できなかった場合も『代替資産取得』の延長を税務署に申請することで同じようにできます。

 

 

住み慣れた土地を離れるのは辛い事ですが、だからといってずっとその土地にしがみついて明け渡しを拒否していると、受け取れるはずの補償金を受け取るどころか、道路工事等に対しての損害賠償をこちらが支払わなければならないという事もあります。

土地を明け渡すにあたり、その土地に立っている家屋は解体して更地にして渡す必要がありますが、その解体工事の費用は対価補償金の中に含まれた金額なので解体工事の費用は立ち退く側の負担となります。

一般的には、一律の解体工事補償金が支払われ、その金額内で家の所有者が、解体業者に解体工事を発注することになります。

解体工事が必要になったら?

 

やはり自分の家を建てたならその家に住んでその家をずっと守っていきたいと思うものです。

したがって家屋の解体工事はそう何度も頻繁に行うものではありません。

なので、実は解体工事については知識がないという方も多いと思います。

道路等の収用で、解体工事が必要になった場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

*まずどこに頼めばいいのか?

*費用はどのくらいかかるのか?

*取り壊した後のごみはどうするのか?

 

など疑問に思うけれど分からない事がたくさん出てきます。

収用の際の解体工事等に関するご相談のアドバイスをしています。

 

解体工事.COM(解体.COM、解体工事見積り比較センター)では、解体工事や、不動産のプロがプロの目で見積書を確認してアドバイスをくれたり相談にのります。

解体工事を請け負っている会社の中には、高額な請求をしたり、適当な工事をしたり後から追加で工事費を払わせたりする業者がいるのも事実です。

知らない事についてプロが味方についてくれる程心強い事はありませんよね。

 

見積りは無料です。

 

業者との調整や、連絡、また値段の交渉まで依頼者に代わって行います。

 

clip_image005

安心して任せられるプロが味方についてくれるのは心強いですよ!

 

売却・建替えをご検討の方へ 分離発注でお得!! 悲惨!!悪徳業者に頼んだら・・・ ビル・マンション解体工事 2. よくある質問 パートナー募集
サンプルバナー
よく頂く質問 小山のブログ
お見積り・お問い合わせは 0120-584-368
見積もり依頼・相談・資料請求
本当に安心できるの? 運営会社について お見積りはこちら なぜ最安値?